こどもとごはん。

こどもとごはんのことぜんぶ

小説を読まない代わりに

 

昨年の五月の日記を読んでいたら、「キリンジ聴いて寝た」と書いてあった。今年の五月もキリンジを聴いている。いや、私はずっとキリンジを聴いている。もう十何年。

 

畠山美由紀の『若葉の頃や』という歌が私は大好きで、これももう、5月!という歌なのだけれど、キリンジの高兄が作った曲と知った時には「高兄天才だなー」と思ったのであった。どうして私はキリンジ解散ライブに行かなかったのだろう?あ、育児で忙しかったからか。。

 

行けばよかった。数時間くらい夫にまかせればよかった。きちんといろいろ事情を話せば(どれだけキリンジが好きか等熱くるしいジェスチャーを交えて)きっとわかってくれないまま『うーん、いいよ』って言ってくれると思う。でもたぶん、そんな交渉も面倒だったのかもしれない。おそらく。

 

小説を読まなくなった代わりに、音楽をずっと聴いている。

寝る前に、イヤホンを付けて30分は聴いている。

 

学生時代に少し背伸びした感覚で聴いてた音楽、この頃もっと好きになった。雨に濡れながらキスをして、仲直りしたり、孤独に苛まれる夜に、私のみぞおちに、深く、深く蝕む複数の感情を教えてくれたり。

こんなにロマンチックな歌詞を書く人って、なかなかいない。

自分のことを知るために、キリンジを聴いている。

それくらい彼らの音楽が好きです。

 

先日いろいろなことに疲れて、1人布団の上で音楽を聴いていたら娘が「何しているの?」とやってきました。私が「音楽を聴いているのだよ」というと「さっちゃんもママのそばで折り紙やるね」と折り紙を持ってきました。

私は疲れて意地悪になっているので「さっちゃん、ママを一人にしてくれないかな」と言いました。娘は私を見て「うん、わかった、さっちゃんに会いたくなったら下に降りてきてね」と言いました。

 

数分してリビングに行き、折り紙をやっている娘に

「さっちゃんは一人になりたいときある?」と聞くと

「あるよ。保育園ではいつもそうだよ。でも、1人よりママの方が好きだからママと一緒にいたいよ」とニコニコした顔で言うので泣きそうになりました。

 

きょうのごはん

 

パエリア

煮豚

サラダ

コーンスープ

 

子どもたちの手の湿疹が治らない。大人でもなる湿疹。汗もかく季節になるから気を付けないと。

 

 

海に行きたい犬を飼いたい

 

いつのまにか私がやりたいことや考えていることを夫婦の間で話さなくなった。その理由としておそらく共感を持たれないのと、やりたいことは現実的に難しい問題なのと、まぁ、一言でいえば「話しても無駄」というものだ。

 

昔はそうではなかった。ああしたいね、と向こうが言えば自分が興味がなければ持とうと思ったし、たぶん、夫もそうだったのではないか。

ひずみが生じているなぁと思う。

 

カルテットで宮藤官九郎がまきさんのことを「愛しているけれど、好きではない」と言っていたけれど、もしかしたら私もそうなるのかな、とか思ってしまう。

夫婦間のカウンセリングとか本気で行きたいのだけれど、夫が嫌がるだろうし、いい先生を探すのはどうしたらみたいな感じだし。

 

たまに話し合うのだけれど、その時は治るけれどもうすぐに元に戻るし。

なかなかうまくいきませんね。

 

あと、周囲で奥さんの悪口を言う人はあまりいないけれど、旦那さんの悪口を言う人って私も含めて地獄のようにうじゃうじゃいるじゃないですか。で、よくよく聞いてみるとその悪口の95パーセントくらいが「夫は何もしない」という趣旨のものなのですよ。

なんで男って何もしないんですか?

 

 

思わず友達にこれ借りちゃって読みましたけど、なんか、むなしくなるんですよねこれ読むと。。。みんなこうなのかなぁっていう。。。

 

f:id:tochinochi:20170325233147j:plain

 

共感できてしまうところがむなしいです。

 

::::

 

暗くなってしまいましたが、仕事に家庭に育児に忙しいです。

おまけに年度末進行で吐きそうですが。。。

 

昨日、おさつとデートしまして『モアナと伝説の海』を観に行きました。

映像がとてもきれいで、王子様なんて出てこなくて最高でした。

おさつとデートするの本当に楽しい。

つらつらと

 

来年37歳だけど、妊娠・出産前後を除いたらわたし、中学2年から体重と身長変わっていない。。。(中2で成長止まった)

154センチ、42キロ。ずっとこの体重。

もう、ずーーーーーーーーーっとこの体重だから、1キロ増えたらすぐわかる。

ボクサーみたいでしょ。

 

あ、でも母乳時期は体重が減りまくって体重が40キロ割った。しんだ。と思った。

 

だけれども、お尻はだるんだるんに垂れてるわ、腕はぼよんぼよんだわ。

お腹はびよんびよんだわ。なんでこれで体重がこのままなのか摩訶不思議。

 

あと、体が猛烈に固くなった。ここ2~3年で。

以前はべたーっと開脚できてたのよ。いまはかちんこちん。

 

ヨガをやっていたときは、本当に心地が良くて、私は飽き性だけれどずっとできる!やりたい!っていう気持ちにまでなった。

まぁ、今はヨガなんてやっている時間全然ないんだけども。

 

からだ、動かしたいな。夏はプールで泳いでたけれど。

あと、ぐっすり寝たい。。。冬になると息子が入ってくるから、寝返りできず。

大の字になって寝たい。。。

 

運動は毎週末公園で、強制的に鬼ごっこをやらされるので、それです。

氷鬼とか、色鬼とかもう、好きにしてくれというかんじです。

 

ていうか公園行きたくない。。。寒い。。。

もう去年死ぬほどやった凧揚げの季節ですよ。

おさつは今からわくわくしていますよ。。。。

 

毎週末というか毎日ワンオペなので辛い。

でも、わたしはいたって健康。だるんだるんでも健康。

わたしは頑丈だなぁ。頭痛いとか、肩痛いとかないもん。腰痛はすこしあるけれど。

おばあちゃんがめちゃくちゃ丈夫なので、たぶんその血筋だと思う。

90くらいまで生きるのではないか、とたまに思う。

 

きょうのごはん

 

ホタテの炊き込みご飯

けんちん汁

銀ダラの西京漬

 

銀ダラってなんでこんなにおいしいんだろう。。。

おりくが胃腸炎になって、私にもうつって気持ちが悪かったけれど

今日、ネパール料理食べたら治った。お腹がすーっとなった感じがした。

スパイスって薬膳だねぇ。

 

 

 

 

広告を非表示にする

絵本を卒業してから

 

おさつはおそらく、本を読むことが一番好きなので図書館がだいすき。我が家にもたくさん絵本はあるけれどどれもこれも何十回も読んだもので「もう、覚えちゃってるから…」とのこと。

 

そんなわけで、この頃読んでいる本がこれ

 

もりのへなそうる (福音館創作童話シリーズ)

もりのへなそうる (福音館創作童話シリーズ)

 

 

 

いやいやえん (福音館創作童話シリーズ)

いやいやえん (福音館創作童話シリーズ)

 

 名作中の名作。

 

 

ももいろのきりん (福音館創作童話シリーズ)

ももいろのきりん (福音館創作童話シリーズ)

 

 後は、伝記とか。「え!ヘレンケラーってほんとうにいたの??」とびっくり。

 

わたしの頃は

 

きえた犬のえ (ぼくはめいたんてい 1)

きえた犬のえ (ぼくはめいたんてい 1)

 

 これが大好きでね。。。おさつにも買ってあげたら喜ぶだろうなぁ。ホットケーキが好きなぼく。

 

三歳になるおりくも、だんだんとひらがなを読めるようになってきた。でも、彼はボール遊びとか、外遊びの方が好き。あと、だらだらするの大好き。。

 

でも、いつまでも『バムケロ』は好きだし(わたしも!)ぐりとぐらのホットケーキ、ねずみくんのクリスマスケーキには心が踊る。絵本大好き。絵本は育児をするにあたって本当に相棒のようなものだった。これからもたくさん読んでね!

 

あと、ブログを始めたきっかけのおさつのアトピーなのだけれど、だんだんとよくなってきた。たぶん、成長して肌が強くなったのではないかと。それでも毎日のクリームは欠かせないけれど、肌の表面のザラザラ感がなくなってきた。

バランスの良い食事と、あとはと麦茶を飲んでいる。ハトムギは肌にいいらしいと聞いて。確かに飲み始めたらちょっと肌が強くなったような気がする。はと麦茶と売っていても実ははと麦は10パーセントくらいしか入ってなくて、あとは麦茶でしたーみたいな商品もあるので要注意。100パーセントはと麦がベスト。高いけど。

 

今日のごはん

ほうれん草入りクラムチャウダー

アスパラとにんじんの肉巻き

トマトとアボカドのサラダ

 

クラムチャウダーはおさつが大好き。肉巻は夜に仕込んでおいて、あとは焼くだけ。

帰ってから全然ごはんを作る余裕などないけれど、朝お味噌汁を作っておくとかしておけば何とかなる。

 

夫とはすれ違いの生活で毎日一時間半くらいしか一緒にいないのでケンカも起きず。ちゃんと11月22日にはエルメのケーキ買ってきてくれた。うれしい。

来月でもう今年も終わり。今年もたくさん頑張ったなぁ。

 

不思議なことなど、ない。

 

好きな作家のエッセイを読んでいると、どうしてこのひとたちは不思議なことに遭遇するのであろうか、と良く思う。村上春樹は第六感が冴えわたるらしく学生時代は手相をみていたらしいし、よしもとばななんんて歳追うごとになんつーか、スピリチュアルになってしまってああ、吉本ばななのほうがすきだったのにい。と思わずにいられない。川上未映子や、あの川上弘美のエッセイを読んでもそう。不思議な人に会っただとか、不思議な音が聞こえただとか。光が子供を照らしたとか・・ていうかそれ、日光浴じゃなくて?みたいに感じてしまう私の鈍感さが日常の端々にある不思議なこと、よもやアニミズム的なことをスルーしてしまうのだろうか。やはり、作家というのは感受性がするどいのだなぁ。だって、上記の作家は村上春樹以外、子持ちだもの。仕事育児に忙しい彼女らがどうやって感性を磨いているのか知りたい。いしいしんじも、すごいよなぁ。

 

わたしといえば、感受性などどこいったのだろう、という日常で。思えばここ一週間、子供二人のお迎えは保育園閉園時間の7時半。そこから帰ってお風呂に入って(先にご飯を食べてしまうとだるくて風呂に入る気力が湧かない)ご飯食べるのが8時半。

月、火のメニューがおでんで、水曜日はミートソーススパゲティ、木曜日は作る気力がなくお弁当で、金曜日は。。すいません、またミートソーススパゲティです(でも、ナスを揚げやきにして投入したし、サラダも作った。。。)

夫はもちろん帰っていません。

 

昨日のことなども覚えてないような感じで、毎日がめぐっている。不思議なことなどなく、日々の現実が毎日を作っていく。たまにこの現実が重くて、不思議なこと起きないかな、と思ったりする。でも、今わたしは鈍感だから、不思議なことが起こっても気が付くことができるかな。

 

 

時短が切れた

時短が切れてフル勤務になって、2週間が経った。夫は仕事が忙しい人だから、時短が切れたらどうしよう、1人でできるかしら過労死しないかしらとオイオイ泣いたら夫が協力的になった。いや、もともと普通に協力的なのだけれど、さらに何も言わず、何もアピールせず(俺、がんばっているよ的な)淡々と家事をやるようになった。これはもはや、協力ではなく、日常業務。うん、世の中の妻たちが望んでいることだよね。

 

わたしはというと、保育園から帰ってくるのが6時半すぎだから(これでも残業免除申請しているのですが)7時にはごはんを一緒に食べたいと思っている。だから、前の日とかお休みの日にメインの料理を作っておいて(今日も明日のために肉巻きを作っておいて明日焼くだけの状態にしておいた)お味噌汁や副菜は基本2連続。帰ってからそれらを温めて、肉は焼いてと20分くらいでご飯を出せたらハナマルな感じ。

時間が足りなそうなら朝下ごしらえをしてとか。まぁ、年がら年中ごはんのことを考えている。

 

子どもたちは寝るのは9時くらい。その間、おさつはピアノの練習をしたり、みんなで絵本をよんだり。保育園にずっといるの疲れるかな、と思うのだけれど保育園大好きだから大丈夫っぽい。たまに、友達とけんかしてたりするけれどわたしと話してすっきりしている。

 

保育園でプリキュアごっこをしているらしく、見ていて一体何をやっているか意味不明だったのでプリキュアを見せることにした。なんだかよくわからないし、なぜはーちゃんが普段はバカっぽいのにプリキュアになると(すみませんここらへんよくわかってないです)知的な女神みたくなるのか全然わからない。

だけれども、子供が喜んでいるのなら変な大人の偏見なしで見せればいいと思うし、なんで昔はアンパンマンすら見せなかったのか謎。でもまぁ、そんなの見せないで遊んでいたからか。でも今は構ってあげられる時間が少ないせいか、子供たちが楽しくなれるコンテンツをどんどん与えたいとすら思ってしまう。

それでも、時間は決めてメリハリをつけていますけれど。

 

おさつが10月で5歳になり、本当に楽になった。おりくは3歳。彼はまだまだピヨピヨしている。でも、おむつも取れたしおねしょも実は一回もしたことがない!すごい!おもらしもしない。ぽけーっとしているけれど、やるなぁ、と思っている。

かわいくて、かわいくて、両親ともやばいくらいに毎日「かわいい」と接吻の応酬しているのですがいつまでやらせてくれるかな二人とも。。。。

 

毎日の疲労、半端ないですが夫もやってくれているなと思うと不満もなくストレスフリーでこなせています。ウソです。たまに発狂するくらい疲れたりイライラしたりします。この間なんて疲れてソファーから立ち上がれず、トイレに行けず漏らしそうになりました。

仕方ない、毎日必死なんだもん。

夫が10月からまた繁忙期に入るのでどうなることやら。。。

 

きょうのごはん

 

4日ぶりの白米(生協注文し忘れた)

手羽先の照り煮

里芋の煮っ転がし

エビのチリソース(辛すぎて子供ら食べられず。。。ごめん。。。)

わかめと豆腐の味噌汁

 

 

広告を非表示にする

エネルギー補給

 

日々、何かしら疲れているんだけれども何か月か前に海外ドラマの『glee』にドはまりして以来日常生活が格段に楽しくなった。gleeは平たく言うとミュージカルドラマで、学校の最下層グループに属する合唱部が大会で優勝を目指す学園モノなのだけど、まぁこれが本当に面白い。。主人公が全員バカなのもいいし、名曲がいろいろ聴けるのもいいし、見ていると自分の歌がうまくなる感じもするし、見ていて本当に元気がでる。

 

飽き性なのでいろんな「好き」が長続きしないのだけれど、歌は本当に好きなんだなぁと思う。gleeを見ているとどうして自分が英語を話せないのかもどかしくなる。いや、英語の曲をすらすら歌うだけでもいい。しかしもう、耳がついていけない。

 

おさつには「英語やってみないー?」と聞くのだけれど、本人「話せるよ!シュワシュラヘイシャー!」と謎の英語をいうばかり。一応留学資金は貯めておくよ!

 

おりくさんはおむつがほぼ取れてイヤイヤ絶好調。しかもすぐ泣くし。

体が大きくないので、今まで手乗り文鳥のように抱っこしていたけれど今やそれがずしっとくる。あああ、もうバブーではないのだよ。。。おさつなんてもう重すぎて抱っこできない。もっと抱っこしておけばよかった。

 

おさつさんは毎日毎日ピアノを練習しているだけあって、来年コンクールに出ないかと先生に言われる。勝ちに行けとは全く思わないけれど、努力する癖と度胸はつくかな。

 

 

きょうのごはん

ミートソーススパゲティ

 

生協に注文し忘れて米のない生活を4日くらい送っている。

麺大好きだからよかった。

広告を非表示にする