こどもとごはん。

こどもとごはんのことぜんぶ

ほしいもの

欲しいものがなかなか買えない私。ゆっくり買い物に行けないので。

昨日、吉祥寺でピアノの椅子に敷くマットを買い、夫に「ようやく買えたね」と言われ切なくなりました。。。三か月も風呂の足拭きを代用していたので。。。

 

この頃欲しいもの。

 

 

レゴ 基本セット 青いバケツ (ブロックはずし付き) 7615

レゴ 基本セット 青いバケツ (ブロックはずし付き) 7615

 

 

保育園から帰ったら、おさつはドリルかピアノをやっているので、おりくが暇そう。私はごはんを作っているので相手ができない。デュプロは持っているけれどそろそろ普通のレゴもいいかなと思う。

ちなみにおりくは何をしているかといいますと、踏み台を持ってきて台所の私の隣にいて料理をみていますよ。。

 

 

あのですね、保育園が変わりまして、どろんこ遊びがすさまじいので靴がものすごく汚くなるんですよ。。今までニューバランスを履いていましたがマジで3足くらいないとおいつかない。。ほかのお子様の靴をじろじろ見ると、みんなこのメーカーか瞬足を履いているのですね。だいたい3000円くらい。やすい!しかし見た目が…(以下略

でも子供ってこういうの好きだよね。こどもっぽくていいじゃん!と自分を偽りおさつに履かせてみると「このキラキラがやだ」と一蹴されました。そんなことないよ!〇〇ちゃんも履いてるよ!キラキラがいいじゃん!と言っても固辞され。。

イフミーは足に合わないので、安くてシンプルで履き心地良い靴ないですかな。。。

わたしがほしいもの。

・髪の毛ダサすぎるのでかわいいヘアーバンドほしい。

・非常用のメガネ(持ち歩き用)

・穏やかで気配りがありよく動く夫

以上です。

 

 きょうのごはん

ハンバーグ

ポテトサラダ

ごはん


おひるに焼きそばを食べまくったのと、柏餅を食べたせいで食欲わかず。鯛のお吸い物を作ったけど(また、魚×肉にしてしまった。。)翌日にする。

こどもの日だったのでおさつと銭湯に行った。太い菖蒲がたくさんあって、おさつとペチペチ叩き合いながら邪気払いした。久しぶりの銭湯、ちょう気持ちがよかった。また行きたい。

広告を非表示にする

貴重なじかん

 

夫が今月3回も飲みに行ってる。許せない。私は1年に一度行けるかどうかも怪しいのに。おかしいよね。

 

べつにね、飲みに行くのはいいのですよ。むしろその方が楽ですよ。だけれどもね、私だって自由なじかんが欲しいですよ。毎日真面目に献立考えて、時間配分考えて、きちんと夜子供たちを寝かせているのは私ですけれど、私の自由なじかんってゼロですよ。

夫は「平日なにもできない分、休日どこかに行って来たら?」なんて絶対に言わないしね。

 

送別会歓迎会全て断ってますよ。この日は絶対に行きたいといっても「え!絶対無理!仕事忙しいんだから!」とか言ってますけど、自分が飲み会いく時は調節してるだろうがよと思いますよ。「じゃあ親呼ぼう」とか、飲み会で親呼ぶとか馬鹿かとか思ってしまいますよ。

 

いつも夫に対しては真っ先に「ずるい」と感じる。わたしは会社の帰り道、ふらっとどこかによることもできないのに。この感じが、子どもたちが手を離れたら自然となくなっていくのか、それとも心のどこかでずっとくすぶっていてイライラし続けるのか神のみぞ知るのである。

 

きょうのごはん

ぶりの照り焼き

ささみのカツ

かぶのポタージュ

切り干し大根の煮物

冷やしトマト

 

我が家、肉×魚×汁物×副菜 というパターンが多くて、それを友達に言ったら「ナニそれ!」と言われた。普通は肉か魚×汁物×副菜×副菜 なのだと。。

どうりでおさつ、でかいわけだわ。。。すごい食べるもん。。。怖いくらいに。。。

わたしの母もこのような献立をたてる人だったから疑問に思わなかった。たまに、友達が泊まりに来て夕ご飯を一緒に食べると「相撲部屋?」とか言われたりしてたのだけれどね。

広告を非表示にする

それぞれのうた

 

ハマケンってクラスに絶対ひとりいるような顔だよなあ。。と思いながらほぼ毎日在日ファンクを聴いています。

 

親の期待に子は応じないとはよく言いますけれど、もちろん我が家にもそのようなことは起こっています。2月から始めたピアノ、まぁ、言わなければ練習しない。毎日毎日「ピアノ~(野太い声で)」と言っている。ピアノは楽しいらしく、練習の甲斐あって2か月間ですごく上手になっている。こどもってすごいなぁとおもう。先生にも褒められている。だったらさー、自発的に練習しなよーっと思うのだけれど、しないものですね。

 

先生にもおさつと同じ歳のお子さんがいて、その子もピアノをやっているのですが、「うちもそうだよ。。絶対練習しない、やきもきするけど。。。」と言っている。

 

本人は一番今楽しいのはりったん(弟)と遊ぶことらしい。あと、本を読むこと。

 

4月になっておりくと同じ保育園になった。

お友達が知らない子ばかりになって、淋しく涙することもあるけれど行きたくないとは言わずになんとなく行けているのは弟がいるからだと思う。あと、庭が広いからよい気分転換になっている。

園が近くなったから、帰りは歩き。その時に今日あったことなど話す。

 

園庭では弟とばかりと遊んでいるようだ。まぁ、今は仕方なのかもしれない。おりくはおりくで、お部屋に上がる際おさつとは別々になるから泣いて「りったん、ねぇね好きなの。。。」と言うらしい。連絡帳に「今日も涙の別れをしていました(笑)」とよく書いてある。すごい愛し合っているきょうだい。

 

おさつは性格は怖がりでグズグズだけれど、おりくは違う。転んだ時も、トイレに行く時も、ご飯を食べる時も、保育園に行く時も「がんばるぞ~!」と拳を上に挙げており見てて元気が出る。我が家を明るくしてくれるなぁ、もちろんおさつもそうなのだけれど、男の子の性質なのかな?無邪気っぷりがやはり底抜けというか。それにおさつが引っ張られて明るくなる。これからも仲良くしておくれー!

 

関係ないけれど、在日ファンクでは『根に持っています』が好きで、夫にささげる歌として脳内シャウトしていますよ。産後クライシスに悩むお母さまたち、恋人に浮気された方、過去にいじめを受けた方たち、この曲を聴けば元気に…イエ、さらにもっと悩むような気がします。


根にもってます / 在日ファンク

広告を非表示にする

旅行

 

お休みを取って、大井川鉄道のSLに乗ってきた。その先の寸又峡温泉へも。

温泉…とろとろお湯でよかったー。もう食べられませんというくらいにご飯出たし、ご飯食べて戻ってきたらふわふわのお布団敷いてあったし…いつもはされない「やってくれた」感にリフレッシュできた。ほんと日常は「やってあげる」が100パーセントなので。

 

家族一緒にいると、本当に子供がかわいい。これは旅行の時にいつも思うのだけれど。いつも忙しくてごめんね、と思う。おりくは抱っこ抱っこだし、おさつはテンション高めだしかわいさにとろけそうでした。

おさつは4歳、もうね、すごいんですよ食欲が。。。温泉のごはん、大人用ではなく子供用にしたのだけれど足りなくてさらに白飯食べてたし、駅弁なんてみっちり詰まっている鯛めし、一人前食べてるし。というかその前にお菓子食べてるし。。。なんなのこのひと。。。あと、ガンガン歩く。すごい歩く、体力が半端ない。身長、大きいわけですよね。

 

少し足を延ばして三保の松原へ海を見に行った。

おりくは今日も「あした、ざっぱーん、見に行こうね」と言っている。

 

このくらいの子供との旅行、疲れに行っている感もあるのだけれどやっぱりとても楽しかった。でも、帰ってきた翌日の今日も疲れがあって、ごろごろして終了。胃もなんだか疲れててお味噌汁ばかり飲んでいた。

 

きょうのごはん

つけそば(豚バラとほうれん草を濃い汁で煮て、おそばにつけて食べた)

 

 

しかし世の中がいろんなことで騒がしくて、生きにくくて、私はわたしの家族を守ることだけ考えるからじぶんで自分の身は守るからっていう感覚がすごく強くなっている。もちろん、先日書いた子どもと貧困の問題とは別枠で感じていることなので誰かを助けないということではないのだけれど。まあ、助けはいらない、私はわたしでやるから政治にも何も期待しないよ、世の中のうるさいことも知らないよ、って思ってしまうよ。文句ばかりの世の中に入ることはまぁ、しませんよねっということ。

 

広告を非表示にする

赤ちゃんが欲しい


母乳が出ていた時、子供の泣き声を聞いただけでじわ〜っとおっぱいがでていた。はぁ、人体ってすごいんだなぁと感心したものだったよ。

このごろ、左胸がじんじん痛み出して、それにつられ手も痺れる。何これ?とっくのとうに卒乳してる身では「もしや。。ガン?」と心配に。ググる先生に乳がん 痛いとか検査すると胸が痛い=マジで乳がんみたいな結果になりあわあわして病院へ。結果、超音波の検査は綺麗なもので乳がんではなかったのだけど、乳腺が母乳出てる時並みに元気らしく原因これじゃないですか?ってことになった。

我が家はもう経済的にも時間的にも体力的にも子どもは2人だけど、実はこの所ずっと赤ちゃんが欲しいと思っていた。ああ、子ども3人なんてなんて末恐ろしくて素敵なんだろ、とか思うとなぜだか左胸(左の母乳の出がすごかった)がじわじわした。

たぶん、この想いが乳腺の拡大に影響したのであろうか。すごいなぁ。卒乳したのもう1年も前だよ。

おっぱい痛え、手が痺れるー!と言っていたら夫がすごく心配してくれてうれしかった。

どうでもよいけれど、お医者さんに「太ってたり胸が大きいひとはしこりがわかりにくいのだけどあなたはわかりやすいから1カ月に1回は触ってね」といわれ、その、「あなたはわかりやすい胸だから」をほんとに20回くらい言われたのでほんとにぺちゃんこですいませんでした、とね。。

きょうのごはん
やきそば
北海道物産展で買ったいかめし


吉祥寺から西荻へ移動して、もぐもぐでレバーペーストを買っておさつのお迎えに行った。一本堂の食パンも買ってみた。
広告を非表示にする

保活終了宣言

 

ついにこの日が~~!やったぞオマエラ~!(ワーワー!←民衆の声)

 

なんとなんと、おさつがおりくの保育園へ転園が決まったのです!

やっっっったーーー!!!!

 

2人とも認可といえども、別々の保育園。まぁほんとうにおさつの園が遠い。歩いていけない。雨の日。。。あんた釣り人?というオール合羽でどしゃどしゃになりながらお迎え。梅雨の時期とか死んじまえというかもう疲れて死ぬ。と何回思ったか。

おさつは認可に入っているし、息子の保育園はべつに人数が多いわけでもないし、変動が少ないから転園なんて夢だな。。。と思っていたのに。。。

 

もう、息子の先生に「やったー!やったよー!」と言われ、二人で抱きあって喜びました。(しかもその先生かわいいからなんかドキドキした←すいません)

誰だか知りませんが、急遽引っ越し決めていただいてありがとう。おかげで入れました。

 

息子の保育園は園庭も広くて、楽しいからきっとおさつは気に入るはず。それに何より、家の近くの保育園だから、みんなおなじ小学校に行く、というのが一番うれしい。前の保育園は遠かったからおなじ学区内の子がほとんどいなかったのだ。。

 

保活に関しては保育園のために泣く泣く息子を6か月で認証に入れたから今があるといっていい。でも、1年という育休制度があるのにもかかわらず、保育園のせいで(というか点数稼ぎのために)高い保育料を払って1歳未満を預けて働きに行くというこの理不尽さ。この制度の矛盾は一体何?誰のための制度?私はもっと、もっと、息子が赤ちゃんの時一緒にいたかったよ。

 

おさつは4回も保育園を変わっている。。ほんとうにすみません。

でもこれで本当に最後だから、ここでたくさんお友達作ろうね。

 

 

広告を非表示にする

色々

 

仕事が煮えきらなくて、もやもやしている。たまに、辞めたいなぁとおもう(あ、すみませんほぼ常時思っています)でも、お金は大事だぁと思ってやめないけれど。

 

きっと、職を変えても同じ。だって、私の煮えきらなさは仕事と育児の両立にこそあるのだもの。ポストチャレンジしたい。でも、毎日9時に帰る生活なんてありえないし、無理だなぁと思う。

 

出産してから仕事が停滞している。その時期は大切かもしれないけれど、30歳から40歳までの10年、私の仕事上での立場は停滞するのだろうか(現在35歳)

 

一朝一夕で解決できない問題を抱えて仕事する。でもおさつは「仕事しているママ」がすきなんだってさ。ありがとね。

 

今日のご飯

クリームシチュー

タラの大根おろし煮

ごはん

 

おさつは毎日帰って、ドリルをやっている。たまに泣きながらやっている。でも、できるとやっぱりうれしいらしい。えらいなぁと料理しながら見ている。料理しているとおりくが台を持ってきてお手伝いをしてくれる。トマトのヘタをむいたり、お皿にきゅうりを並べたり、こっそり味見をしたり。わたしも、料理している母の横にいて、ずっと話していたなぁ思う。今日のだいこんは、おりくさんがおろした。むずかしいねぇと言っていた。

 

広告を非表示にする