読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもとごはん。

こどもとごはんのことぜんぶ

ふと、手のひらを見たら濃いほくろがぽつんと出来ていてびっくりした。

 

日曜日にミートソースを仕込んでいて、月曜日にそれを食べたら夕飯時におさつが「ママ、今日はミートソース作っていたからごはん作り楽だったね」と言っていた。こういう、忙しいママを慰労する言葉をおさつはよく言う。「パパ、お風呂洗ってくなかったからママが洗ったんだね、えらかったね」「今日はたくさんご飯作ってくれたんだね、大変だったね」など。そんないちいち言ってくれなくてもいいのに、気を遣わせてるのかもしれないな。と思うのだけれど、おさつしかそういうことは言わないので、素直にすごく励ましになる。えらいなぁ。

 

私が「りったん、全然いろんなことわかってないなーやばいなー『ちんちんたん』しか言わないし・・・」(おりくは謎の言葉『ちんちんたん』を連発中)と何の気なしに言っていたらおさつが「りったんは、まだ赤ちゃんなんだからいいんだよ」という。まだ赤ちゃんというかもう2歳すぎてる。。。おさつは足し算をやっていた気が・・・というまた兄弟を比較するモードに。

 

色々先生にもお医者にも見せたが、特段問題がないとのこと。そしてマザコンぶりがすごい。もはやストーカーの域。夫は基本無視。

 

音楽教室は諸事情があって辞めることにした(年度があがると曜日が合わなくなったのです)今度どうするかなぁ、と考えていたらおさつが「きちんとピアノがやりたい」と言い出す。「ピアノを習うってことは、ピアノを家に用意しなければならないんだよ、すごく高いし、途中で辞めたなんて絶対にできない。練習もきちんとやらなければならないし、(以下、くどくどと説明)」

よく考えてから、本当にどうしてもやりたかったら言いなさい。という。

 

そしたら「ピアノをやっぱりやりたい、絶対練習する。だからお願いします」と言ってきた。

 

実家にピアノはあるのだが、でかすぎて今の家には無理。

ピアノ、買うんだったら絶対中古なのだけれどその前に先生探しからだよな。。

ああ、いろいろ難しい。

 

きょうのごはん

ミートソーススパゲティ

ブロッコリーのサラダ

広告を非表示にする