こどもとごはん。

こどもとごはんのことぜんぶ

けなげ

 

夫の仕事が激務で、おそらく20連勤なのではないかと思う。しかも、休日出勤でも帰ってくるの11時過ぎなのね。なんだろう。。。

 

当然休日もワンオペで、しかも私は近所に友達がいないので3人で過ごすことになる。夫はおさつに「ママのお手伝いしてね」とよく言う。おいおい、お前がしろよ。と思う(ていうか風呂くらい洗って行けよと思う)わたしはあまり子供に手伝いをしてもらいたくない。遊んでいてほしい。だって、それが子供の仕事なのだから。

 

何か月か前にPMSが出るようになったといったけれど、今月はそれが本当にひどくてちょっとねじが外れれば子どもたちにも影響を与えてしまうくらいになってしまった。どうしても制御が効かなくなってしまい、一人屋上に行ってどうしようどうしようとか思うくらいに病んでいた。病院に行った方がいいのかもと初めて思った(しかし病院に行く時間がない)

 

生理が始まると不気味な鬱状態からは抜け出すけれど、イライラは残る。考えてみればPMSなんだか、一人ですべてを行っている疲れなのか、仕事のストレスなんだか、結局原因がねじれ込んでいてもうわけがわからなくなっている。おさつは私に気を使っていろいろやってくれる。いいよいいよ、遊んでいて、と言っても「やるやる」と言っておぼつかない手で手伝ってくれる。それがとてもけなげで、せつない。

 

それでも子供といるのは楽しくて、大好きで、幸せなのだけれど突然、ぶわっとくるあの不自由さ。先輩たちが「旦那さんに協力してもらわないと、時短終わったら絶対倒れるよ」と口ぐちに言うのだけれど、いかんせん夫の仕事がな。。。

 

私は典型的にマミートラックに乗ったタイプだし、夫は夫で仕事にまい進しているし、一体この差はなんなのだろう。と思う。というか、そもそも実家に頼っていれば私はマミートラックに乗らなかったのかもしれない、、そう思うと実家近くに家を建てることを反対した夫が憎い。いやいやいや、実家に頼る前提で事を運ぶのは危険だし、、、とかぐるっぐると色々な思いが馳せる。

 

私の直属の上司は「管理職になったの、私は遅くて45歳だったよ、あなたもそれくらいでなればいいよ」と言った。まあ、45まで倒れなくて働いていればいいのだが、と心から思った。

 

(要は、仕事と家庭の両立で行き詰っているということです)

 

きょうのごはん

ローストビーフサンド

コーンスープ

 

サンドイッチはおさつと作った。たまごをマッシャーでつぶすとき、おりくもやりたいとわめき、ボールをつかみ合いし、もちろんこぼれて、漫画のようにたまごが床に散らばった。

 

 

広告を非表示にする